人材育成研修の目的

人材育成研修の準備として重要なのが目的を定めることです。その目的によってどんな研修内容にすべきかが異なります。目的を決めるときにはどのような点に注意したら良いのかを端的に説明するので参考にしてみて下さい。

数値化可能な研修目的を定めよう

業務によっては資格が必要なものがあり、その資格がなければ現場で仕事が行えません。一方業務を行う上で持っておいた方がいい公的資格などがあり、こちらは資格がなくても仕事はできるものの対外的には仕事がや…

実施結果を集計する準備も整えよう

人材育成教育を実施する場合には、実施結果を集計する準備もあらかじめ整えておいたほうが最適です。人材育成教育を実施しただけでは、それが実際にどのように社員の成長に影響したのかわかりにくいので、具体的…

評価結果をフィードバックできるようにしよう

人材育成研修を実施したときには参加者にどのような効果があったかを評価するのが基本です。それによって研修のコストパフォーマンスがどの程度だったかがわかるだけでなく、次回に向けてどんなことを検討して研…

人材育成研修の種類

人材育成研修の準備をするときには種類を知っておくことが重要です。どんな種類の研修にするかによって参加した人たちが得られる効果にも違いが生じます。それぞれの特性について詳しく理解して適切なものを選び出しましょう。

集団講義型の研修

集団講義型の研修とは、いわゆる高校や大学の授業のような形になります。セミナールームに研修を受けるスタッフが一堂に会し、講師の方がマイクを片手にスライドやテキストを活用して行われます。初めて研修を受…

少人数参加型の研修

少人数参加型の研修は、一方的に講義を受けるだけでなく受講者同士のディスカッションの機会が多いというメリットがあります。講義型の需要では、しっかりと研修内容を身につけたかどうかその場で確認することは…

Eラーニングによる研修

集団研修には、一斉教育やモチベーションの強化などのメリットがありますが、コストや実施の時間が限られるというデメリットがあります。年間何度も研修を行うと、その間の業務は中断してしまいますし、研修を外…